kanon blog

<< 書 | main | 記録と変化する価値観 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
POESY JEWELRY

宝石屋は冬が一番忙しいです。クリスマスなどのイベントもあり、ギフト需要でお客さんが増えるからです。反面、セールの時期は比較的穏やかになり、まさに今そのときなのですが。


画像のものは、そんな殺伐とした空気漂うクリスマスに撮った写真。天使の持ってるリングは、REGARD と言います。

この宝石の並びには実は意味があって、フランス革命の時代、男性が女性に指輪を贈る際、直接文字や言葉で伝えるのではなく「宝石の並び方で愛を伝える」という習慣がありました。

R:ルビー、E:エメラルド、G:ガーネット、A:アメジスト、R:ルビー、D:ダイヤモンド

この5つの石の頭文字をつなげると、「REGARD=尊敬、好意、忠誠」という意味になります。つまり、「あなたが好きです。あなたに忠誠を誓います」とか、そんな想いを伝える役割を果たしていたそうです。

ちなみに、REGARD だけではなく、 DEAREST(最愛なる)などもあります。

こういう意味が込められたジュエリーは「POESY JEWELRY」と言って、直訳すると「詩的な宝飾品」という意味です。品格を重んじられた時代、直接的に愛情を表現することははしたないと言われていたため、このようなジュエリーが流行したと言われています。

当然ながらも、中央に留められる石が主役であることが多いジュエリーの中で、このように「込められた意味」が主役のジュエリーって、とっても素敵だと思います。ジュエリーは洋服と違って身に着けていることすら気づかれることが少ないので、ささやかな想いや願いを込めるにはとても最適だと思います。


最近、アンティークジュエリーに興味が向いています。とりあえず、名だたる宝石商の歴史などを読んで知識を貯えていますが、まぁこれが面白いこと!

アンティークジュエリー、とても高価なので手が届かないけど、いつか欲しいな・・。
| life2011 | 16:12 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:12 | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ PROFILE
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ