kanon blog

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ルーター再起動します。

これはなんでしょう・・。



正解はこれ。ルーペ。

この週末ですっかり部屋が片付きました。ようやく生活らしい生活が送れます。
日曜は小雨が降る中新居の周りを散策。
このルーペはその散策中に見つけたアンティークショップで購入したもの。1900年初頭のイギリスアンティーク。ヒトメボレしたものの、引越し代と年末の帰省航空券で既に今月大赤字な私を見て、彼氏さんがこうてくれました。優しい人よ・・。しかしこのルーペ、あなどるなかれ割と実用的なのです。

ほら。小さな文字もらくらくです。



なんて更新してる場合じゃない。
今作ってるのコレ↑。難しい。あぁでもこれを作り終えればクリスマスものはやーっと終わり。がんばるぞー。
| love | 00:04 | comments(6) | - |
癒される。

ガーデンプレイスは職場から割と近いので、三越の本屋さんで資料探しをしたりします。
そんなガーデンプレイス内、ロブションの前の広場の花壇。天気も良いし。きれいねぇ。春みたいです。

花にちなんで、「小さな悪の華」を鑑賞。ヨーロッパでは上映禁止になったほど反カトリックなフランス映画なのですが、いやいやそんなんじゃなくて、ボードレールの詩がいかに美しいか、そして日本語じゃなくてフランス語で聞いてその美しさの神髄を知りました。

美しい詩といったら難解な詩の多いアルチュール・ランボーの、でもとてもストレートで分かりやすい、永遠を見つけたときのくだり。あれが好きです。なんか書き出すのが恥ずかしいので省きますが、「太陽と番った海だ・・」ってやつです。意訳がいっぱいあるので、あれだけど。
(原文はこちら。↓)
L'eternité

Elle est retrouvée.
Quoi? - L'Eterniteé.
C'est la mer alleée
Avec le soleil.

はじめて読んだとき、永遠という乱用される言葉に、これほどまでに適確な永遠は他にはないな、と思った次第。
この詩で、ゴダールの「気狂いピエロ」を思い出すのか、ディカプリオが死ぬほど美しい「太陽と月に背いて」を思い出すのか、私は断然後者です。
| love | 12:43 | comments(0) | - |
触ったあとは手を入念に洗うけど。

私はふるい紙モノを集めるのが好きです。この週末はこのふたつを。
1900年初頭のグリーティングカード。手前はデッドストック。奥のは使用済みです。

裏面も素敵。100年前の人も手紙でお誕生日をお祝いしたんやねぇ。当たり前だけど。
100年前の紙は残っても、100年前のデータは残らないし、残っていても見返そうとは思わない気がする。時間が経過した形跡がそこに見られないからだ。本は思いついたときに何度も読み返すけど、1年前のwebページはわざわざ探してみないように。携帯のメールの履歴はたまに見るけど、ただ「残っている」だけで、故意に「残している」わけじゃない。でも人からもらった手紙は捨てないし、小学生から文通をしている地元の友人は私が送った手紙を全部捨てないで持っているらしい。今直ぐ焼き捨ててほしいほど恥ずかしいが、そうやって自分の知らないところで自分の書いたものが残る、というのが今回手に入れたカードかと思うと、やっぱり私も人からもらった筆跡は捨てれないと思いました。

仕事はwebなんだけどサ
| love | 22:17 | comments(4) | - |
フランスの紙とスマブラ

ギャラリーMADOにて開催されている「フランスの紙展」に行ってきました。場所は初上陸の西荻窪。ある朝吉祥寺新聞を読んでてこの展があっていることを知り、居てもたってもいられず次の日には早速西荻窪へと出掛けてました。普段はニッチ系趣味を持つヒキコモリですが、こういうときの俊敏さといったらない。と思っています。

展自体はこじんまりとした会場でしたが品揃えは大変充実しておりました。フランスアンティークの紙ものを中心に、スタンプや雑貨、ブローチなどのちょっとしたアクセサリーまで。ひとつひとつ吟味、オーナーさんに商品について質問をしたりして。(昔は超絶にシャイだったので知らない人に話し掛けることが出来なかった..けど今は出来る。大人になったなぁ。)

会計のときにオーナーさんに「紙が好きなんですか?」と聞かれて、満面の笑みで「はいっ」と答えてしまったけど、帰りの電車の中でよくよく考えてみると、私は紙が好きなのもあるけど、その時代(と経過してきた時間の流れ)に文房具というものを通して触れることが好きなんだな、と思いました。

紙は焼けて変色する。折れ目もつく。完璧な状態でないもの、むしろやや朽ちてきたものを高値で買う。それに魅力を感じない人からこの行為は理解し難いはず。だけど私はむしろそれが良くて、その時代に流行ったデザインや芸術様式が取り入れられた紙、もっと具体的に言うとレターパッド、蔵書表、ペンやペン先やインク、ラベルに箱に、執拗な愛情を注いでしまうのです。愛でる、ことが好き。それを見てニヤニヤすることが好きなんです。ええ根暗ですけども。
もっと言うと、それを材料としてまた作り替えることが好き。再構築。例えば手紙に、例えばなんでもない自己満足のためのコラージュ。基本ひとりあそびの道具。
あとエネルギーのような気もする。定期的にチャージしないとならないもののひとつ。「はぁああぁ...あなたがたはきれいね」みたいなものがないと生きられないじゃないですか。

そんな感じで、今回もほくほくと、数種類の紙やラベルを連れて帰ってきました。
収穫の多い西荻窪からの帰り道、新宿のヨドバシでスマブラ(とコントローラー)を手に入れますた!忙しくてWii開封すらしてなかったんですが、これを機にセットアップ。スマブラ楽しい〜。
| love | 12:30 | comments(9) | - |
elizabethW

ずっと前から欲しかったルームスプレーを買いました。
elizabethWのルームスプレー。優柔不断の必殺大人買い。ローズとライラックとスイートティー。スイートティーは画像にはないけど、同一デザインで色は黄色。

elizabethWはパッケージが美しいので無造作に置いてても絵になります。もちろん香りも素敵。

とにかくこれでリネンやラグがほのかに香って嗅覚的にも癒される部屋になりそう。

取り扱いはBALSなど。ちなみにひとつ4,725円。HPはコチラです。
| love | 18:00 | comments(4) | - |
ittala×marimekko=maribowl

ピンクのダリア。大輪です。秋になると毎年買っています。それだけでも存在感があるので、一輪挿しに最適。お次は深い赤のダリアを探そう。

そして以前も日記に書きましたが....、

マリボウル。(maribowl)
ittalaとmarimekkoのコラボ。北欧フィンランドの仲良し企業ですね。マリメッコは言わずもがな、ファブリックブランド。イッタラはテーブルウェアブランドです。
カラーは20数種類ある中、サンドを選びました。大人っぽい色。存在感と重厚感があります。買う前からここに置こうと決めてたんですが、テレビボードの横に置きました。

ディティールはちょっとクラシカル。深いので、ブーケとかもいいかも。

台座の裏面にmarimekkoの刻印入り。

またコレクションしたいものが増えました。。次はサンドと色合わないけど、ライラックとかいいな〜。
| love | 01:03 | comments(2) | - |
Aalto アイスキューブモールド

フィンランドの建築家アルヴァ・アールトと言えば、あのふにゃりとした波がモチーフのベースが有名ですが、こちらはそのベースのフォルムを製氷器具にアレンジしたプロダクトアイテム。かわゆす!衝動買いをしてしまいました。iittalaから出てますよ。(最近イッタラさんにお世話になりまくりなのです。。)
まぁアイスなんて溶けてなくなるものですので自己満足の極みですが。でも氷がアールトなんて、密かな贅沢&楽しみ。というわけでさっそくおやつを作りました。

アップルタイザーにシャーベットを浮かべただけです。ミントは自家製。ベランダで育てております。

こんな感じ。にやにや(・∀・)

そしてこれもまたアールトのポットガード。お鍋とフタの間に挟んで使うもの。吹きこぼれをふさぐ道具です。でもあまりにもかわいいので箸置きなんかにいいかもと思っております。 

ふふふ、また自己満足アイテムが増えました☆
| love | 10:30 | comments(14) | - |
うぅ....

こ、これは....!!
かわいい。欲しすぎる.....!!!
メルマガって読まないしメールボックスにたまるのでほとんど取ってないんだけど、MoMAは取ってます。そして結構利用する。これはMoMAの新作で、イタリアAlessiのチューリップエスプレッソカップ。
思わずポチッとしそうになりましたが、うちにはエスプレッソマシーンはないことを思い出し、グッと我慢。そしてお値段もかわいくないのでね。

しかしアアルトの生誕70年記念のアイスキューブモールドをお給料が入ったら買おうと思っていたのに、サイトをのぞいたら欠品中ですって。記念モデルは継続販売は未定の場合が多いので、また入荷するかは未定。やはり欲しいと思ったときが買い時のような。
| love | 14:16 | comments(10) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ PROFILE
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ